話題に乗って『文豪とアルケミスト』はじめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

じわじわと話題になってきた『文豪とアルケミスト』

%e6%96%87%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97

(画像はdmmオンラインゲームより)

最近Twitterでよく目にするようになってきた文豪とアルケミスト、通称『文アル』。(リンクは公式サイト)

『文豪ストレイドッグス』のあたりから日本文学をネタにした作品が増えてきて「ほう…?」という感じ。

 

ガチ日本文学オタの私としてはストレイドッグスはだいぶ(#^ω^)ピキピキって感じだったんだけど、『文アル』はどうなんだろうねっていうことではじめてみた。

スポンサーリンク

 

ゲームの概要

「侵食者」っていう敵に侵食された文学書にダイブして、敵を倒して本を浄化する、っていうのが目的らしい。

文学書が侵食されちゃうと、人々の記憶も消えちゃうんだって。

 

で、そのダイブ(=「潜書」)ができるのが、文学に対して強い想いを持ったもの、つまり文豪たちというわけ。

そして主人公はその文豪たちを召喚する能力に優れているから協力してほしい、とのこと。ナルホドネー。

 

ゲームの基本操作

%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e6%93%8d%e4%bd%9c

(画像はdmmオンラインゲームより)

簡単に言えば

  1. 文豪を召喚する(潜書)
  2. 文豪とクエストに行って経験値をもらって文豪のレベルアップ(潜書)
  3. 文豪が弱ったら補修か食堂で回復。
  4. 敵が強くて詰んだら素材を集めて文豪の強化(開花)

って感じ。

 

ざっとプレイした感想

良かった点

  • 想像してたより内容がガチ

「艦これ」でファンも唸るほどのオタク要素を詰め込んできてたDMMさんだってこと忘れてたw

キャラの台詞とか、クエストのタイトルとかが想像してたよりずっとディープなところまで突っ込んできてて笑ったw

そもそも一番最初に選べる文豪、4人ともわかってて始める人少ないんじゃないの…っていうね…。

  • 曲がめちゃめちゃいい

曲担当は坂本英城さん。『無限回廊』、『100万トンのバラバラ』、『タイムトラベラーズ』などの作曲担当の方でした。あなたさまでしたか…そりゃ曲がいいわけだ!!w

『無限回廊』とかは特にめちゃめちゃBGMよかったからなぁ。ぜひ皆さんにもプレイしてほしいと思うよ。

  • イラストが綺麗

文豪ももちろんいいんだけど、背景とか敵のイラストがめちゃめちゃ綺麗

%e6%95%b5

(画像はdmmオンラインゲームより)

キャラがアニメアニメしてなくていいw

日本文学っぽい雰囲気醸し出してる、伝わる?伝われ!w

  • 待ち時間が短め

体感だけど、「艦これ」とか「刀らぶ」に比べて「補修」の待ち時間が短めなので、キャラ育成にはあんまりストレスを感じない。

潜書(召喚)は相変わらずレア度の高い人はえげつない待ち時間になるけどw

  • 「開花」システム

あれ、これってアイドルローd(規制)…って思っちゃった「開花」システムw

でも「強化」が体感でつかめるのはわかりやすいので大賛成。

だって艦これとか、正直どこがどう強くなってるのかよくわかんなかったんだもんw

  • 同キャラの所持なし、自動的にアイテムに変わる

これは人それぞれの好みかもしれないけど、私としては育成キャラは絞りたいので同じキャラが手持ちに居ないシステムはすごい助かる。

「あれ、このキャラ別の方レベル上げてたわ、間違えた!」が無いのはストレスフリーだね。

スポンサーリンク

いまひとつの点

  • 全体的にシステムの説明が足りない

「艦これ」とか「刀らぶ」のときもそうだったけど、DMMのゲームはシステムがオリジナルだからその説明してくれないとわかりづらいなぁと思う。

以下に気になったところ上げてみるね。

  • どこで新しい文豪を増やすの?

結論から言うと「潜書」っていうのが2種類あって「有碍書」に潜るのがクエスト、「有魂書」に潜るのが召喚ていう。

%e6%96%87%e3%82%a2%e3%83%ab%e5%8f%ac%e5%96%9a%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0

(画像はdmmオンラインゲームより)

なんでこの2つ一緒にしたの、わかりにくいよ!!

クエストと召喚を似た名前にするんじゃない!

  • 新しい文豪を増やすときに、今居る文豪が使えなくなる

新しいキャラ召喚する度に今使ってるキャラクターが動かせなくなるのめちゃくちゃ不便だな?

%e5%8f%ac%e5%96%9a%e3%81%ae%e4%b8%8d%e6%ba%80

(画像はdmmオンラインゲームより)

例えば、今召喚に駆り出されている「尾崎紅葉」は潜書時間があけるまで使用不可

まあ他のゲームにも「遠征」とかあったけど、あれは素材集めだったじゃん?召喚にキャラ使っちゃうかー…っていう。

 

ただ、逆にいいなと思ったのは「潜らせるキャラと召喚されるキャラのレア度はあんまり関係ない」っていうこと。体感だけど。

レア度よりも実際に関係のあった人を連れてくる可能性が高いように感じる(検証中)ので、レア度が低くてパーティに入れて無いキャラを潜らせてもちゃんと強いキャラが手に入るっていうシステムはいいと思う。

  • 「食堂」って何に使うの

体力と疲労の回復みたいなもんらしい。

壊れたときは「補修」で、疲れたときは「食堂」みたいな。

艦・刀と違ってキャラクターが人だから、修理っていう表現にできなくてわかりにくいコマンドになってるねw

  • 戦闘システムが分かりづらい

武器の種類と攻撃回数・タイミングが全然わからんww

あとでちゃんとヘルプ読んでまとめますね…。ヘルプちゃんとしてるといいな…。

 

全体的には上の下くらい

これだけは言わせてくれ。

なんで川端康成がいないんだよ!!!!(信者)

と思ったけど、著作権とかそういうあれか?

早く川端実装してくれないかなー…待ってるよー…。

 

システムに慣れれば、世界観としては好きだし内容も面白い。

まあ相変わらずの「艦これ」「刀らぶ」同様、単調作業の繰り返しになりそうだけど、日本文学に興味のある人にとってはそこそこ楽しめると思う。

 

というわけで、しばらく続けてみたいと思いまーす。

ではまた!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)